ジブンハウス 函館ジブンハウス 函館

スタッフブログ・コラムBLOG

2021.07.04家づくりで失敗しない「色」の話

こんにちは。

インテリアコーディネーターの小森谷 多絵子です。

 

キッチン・浴室・床・ドア・クロス・カーテン・・・。

自分の好きなテイストを選んだはずなのに、完成したらなんか違和感・・・。

なんて、お話をよくお聞きします。

 

その理由のひとつに、選んだ後に全体のバランスをとる作業を

していないということがあります。

お部屋全体の配色を客観的に調整しているかが大切な要素になります。

好きな色のアイテムを無計画に、どんどん取り入れてしまうと、

ひとつひとつは、好みなのにトータルとしてのインテリアが

どこか、ちぐはぐに感じてしまいますね。

ただし、この全体の把握の作業は、

ご自身では、なかなか客観的な判断が難しいのが難点です。

 

そこで、これから自分の理想の家に作り上げていくために、

住み手と作り手の間をつなぐ「家づくりの通訳」として、

失敗しない「色」の話をお伝えしていきます。

 

まず、小さい単位でご自身のお部屋の模様替えから

始めるのもいいですね。

そのように、ポイントを把握してしまえば、

どなたでも自分の好み通りの空間を手に入れることができるのです。

それを、今回から一つ一つポイントを解説していきます。

バランスの良いお部屋を作るには、

「ベースカラー」「テーマカラー」「アクセントカラー」の

3種類で考えます。それぞれの配分はだいたいこれくらいが適切です。

 

・ベースカラー(何年たっても、飽きない色)・・・70%

・テーマカラー(淡い濃いなど、木部の色味)・・・25%

・アクセントカラー(気持ちが明るくなる好きな色・・・5%

このバランスを知っていると、

全体を把握するのに一つの目安にできます。

インテリアを考えるときは、

大きい面積を占める部分から考えると、まとまり感がアップします。

お好きな色があるようでしたら、アクセントカラーで

お使いになるとお部屋がぐ~んと素敵になりますよ。

次回もお楽しみに!!

2021.06.05「どうして、イメージが伝わらないの?

皆さん、こんにちは♫

(株)ココカラの強力なパートナーの一人、

インテリアコーディネーターの小森谷です。

 

自分の理想の家は、皆さんの頭の中にすでにあります。

しかし、何故そのイメージが伝わらなくて悩む方が多いのでしょうか?

 

住宅は、大きな造形物です。

いくつもの要素が組み合わさって、

自由自在に変化できるという特性を持っています。

心地よい感情は、十人十色。

人によって『快適』の組み合わせは、異なります。

 

その複雑な選択の作業を、専門家が使用する設計図で

打ち合わせしているのが現実です。

これでは、建築の関係者でなければ、困難です。

それだけ頭の中のイメージを伝えることは難しいのです。

これが、完成した家と自分の描いていた理想の家が異なる理由です。

 

わたしは、なるべくお客様の理想の家の

イメージを聞き取ることに、力を注ぐために、

打ち合わせをスケッチに書き出すことを採用しています。

 

🏠理想の家の描き方🏠

 =自分の頭の中の幸福マップを作る=

手順1 自分の望む生活をイメージする

 ↓  (例)TVを大画面で楽しみたい

 ↓     週末は、友人を呼んで特異な料理をふるまいたい ・・など

手順2 そのために必要なものを考える(できるだけ具体的にたくさん)

 ↓  (例)大画面のTVが見やすい広めのリビング

↓     2~3人で使えるオープンなアイランドキッチンにしたい

手順3 自分の好きな色実を把握する(家族全員も同様)

   好みの色を把握することで、全体の色彩計画を作る際に

 ↓   共通のテーマカラーが決まります。また、家族全員の好みを

 ↓   聞き取る事でパブリックスペースとプライベートスペースの

    メリハリも生まれます。

手順4・自分が魅かれる暮らしのイメージ画像を探します

   住宅そのもの、外観や内観写真でもいいですし、

   雑貨や小物・趣味のものなど使用するパーツ自体の

   画像もあると、よりワクワクしてきます。

 ←幸福マップの例

このマップが完成したころには、自分の家づくりの優先順位が明確に見えてきます

ここまできたら、後はワクワクするだけです!(=゚ω゚)ノ

 

2021.05.04よろしくお願いします(^^♪小森谷です♫

皆さん、初めまして。

(株)ココカラさんの強力なパートナーの一人、小森谷多絵子です(笑)

今月から、コラムを書かせていただく事となりました。

 

第一回目ということで、簡単に自己紹介をさせていただきます。

名前:小森谷 多絵子(こもりや たえこ)

出身;新潟県

資格:インテリアコーディーネーター

カラーコーディネーター1級(環境色彩)

福祉住環境コーディーネーター2級

経歴:新潟出身の私が旅行先の函館で、函館大学生だった

横浜出身の男性と出会い💛、時を経て東京で結婚。

そして、資金を貯めて函館に移住してから13年経ちました。

主人は、移住して3か月で洋食肉料理の店をオープン!

建築デザイン業に携わってきた私は、空間デザイン設計Emuとして独立。

函館のまちによって色が見え始め、2017年に函館の西部地区の

建物の色を調査・市民による塗装ワークショップを開催。

そのあとも、自然界にも目を向け函館景観色を作成中です。

現在、10色をカテゴリーし、ネーミングも完成しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民向けの街歩き・ワークショップも定期的に開催しています。

これからも、色々な事を皆さんに発信していきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いします(^^♪