ジブンハウス 函館ジブンハウス 函館

スタッフブログ・コラムBLOG

2021.09.04家づくりで失敗しない「色」の話

こんにちは!

インテリアコーディネーターの小森谷 多絵子です。

 

函館は、早くも秋の訪れを感じさせる涼やかな風が

通る日を感じるようになりました。

 

今日は、色の世界をもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

色は、何でできているんだろう?

なんて、考えたことはないですよね。

それだけ私たちの身の回りには、自然に色が存在しています。

 

しかし、色とは物体や光の属性ではないのです。

検索によると「色は感覚の一種であり、眼に届いた光が眼や脳で

処理された結果として、色という感覚【色覚colorvision】が生じる。

 

光や物体に対して感じる色は、観察時にどのような光が

眼に届いているかだけでなく、それが視覚系でどのように

処理されるかによっても規定される。

このうち、眼に届く光の特性は、光を直接観察する場合には

その光の分高強度分布によって、

物体の場合には、物体を照らす照明光の分高強度分布と

物体表面の分光反射率により決まる  <コトバンク参照>

 

どうやら、色って化学みたいです。

 

 

太陽がなければ、私たち生物は色を感じられません。

夜、真っ暗闇では黒以外存在しないのもその理由です。

 

上の表をご覧ください。

太陽の光線の中で人間が見える世界は、380㎜~780㎜です。

これが、虹の七色と言われる範囲になります。

赤色の色素を持つリンゴは、太陽の七色を当てると

赤い色素だけ持っているので、赤は必要な~いと跳ね返します。

この跳ね返した赤い光線をヒトは視覚して『リンゴ=赤い』と認識するんです。

ヒトが見えない光線でも有名なのは、紫よりも外側を紫外線、

赤よりも外側を赤外線と言います。

意外と単純でわかりやすいですよね。

紫外線は、ヒトには見えませんが、モンシロチョウには

見えるという研究結果があります。

私たちは、モンシロチョウは全てホワイトに見えますが、

なんと、モンシロチョウ界では、カラーの世界があるみたいです。

オスは、イエロー、メスはブルー。

こんなに違うのに、ヒトにはホワイトにしか見えないし、

分類もできないなんて・・・。

蝶々って進んでるな~と、なんか楽しくなるのは

色オタクの私だけでしょうか?? (笑)

色の世界を知ると、生活が楽しくなりますよ♪

次回もお楽しみに~(=゚ω゚)ノ